ユーマちゃんのブログ

質問・要望はTwitterもしくはコメントで。返信はTwitterで。

京大 転学部・転学科 できるんですか!?

突然ですが、京大から転学資格照会の結果が返ってきました。

今回はそれについての感想を書きたいと思います。

 

京大には転学部・転学科制度があります。このシステムは総合大学ならではのものでして、理転文転が制度上は可能です。この画像は毎年の転学部・転学科の様子をデータ化したものです。見方は 転学許可者(人)/転学希望者(人) です。

入学後の進路変更について-カウンセリングルーム(京都大学)

f:id:yuma2012:20171102193356j:plain

見ればわかりますが、総合人間学部が圧倒的に多い。一方で他の学部は少数って感じですね。

 

転学部の可否は入試時の点数で出願資格の有無を分け、そのあとに面接等をして合否を決めます。今回僕は出願資格の有無、つまり入試の成績がボーダーを超えているか否かを調べました。ちなみにいくらでも出せるので、「法学部」「教育学部」「経済学部」「総合人間学部」「理学部」「文学部」に出してみました。

 

結果

総合人間学部 ◎

他全部 ✖

 

でした。ちなみに僕の成績は工学部換算で594?/1000ぐらいだったと思います。忘れました。ブログのどこかに詳しく書いてあります。工学部で好きなところに転学したいなら、少なくとも620~点、つまり最上位の情報学科には受かってないとダメなんじゃないですかね。噂によると、工学部内での転科は入試時の点数を0.9倍してその成績と入試のボーダーを比較するらしいです。それが本当ならもっと必要です。たぶんたけ(五浪丸)の点数ぐらい取らないとダメっすわ。確か680点ぐらい?

 

ここで肝心なことがあって、工学部地球工学科・工業化学科は一年生の間は転学部届を出すことが・・・できません!!!理由は知りませんけど、なんか不条理。しかもこの2つの学科は入試で希望の学科に入れず、第2志望で入った人が人数の半分を占めています。情報や物工とかに落ちた人。したがって、「一応京大受かったから入ったけど俺のやりたいことと違うわ」って人の割合はかなり多いはず。そういう彼らにこそ転学のチャンスをよこせよ。と思わずにはいられません。京大はちゃんとその理由を公表すべきとは思います。

ちなみに転学部ができないわけではありません。仮に二年生のときに転学部すると、多くの学部が強制的に二年生制スタートになるので、1年生→2年制→(転学部)→2年生 という形での転学はできます。が、留年することと同じことになります。

 

まあそんなとこですかね。僕は別に転学部する気はないんですけど、もしそういう選択を考えている人の参考になればうれしいです。

 

NFのお知らせ(1個前の記事)も見てください。

おしまい。