ユーマちゃんのブログ

質問・要望はTwitterもしくはコメントで。返信はTwitterで。

面白い大学

先週、韓国の大学の学生(1年生)が京大に来られていて、半日交流する機会がありました。最後の懇親会でいろいろと彼らの大学のことを教えてもらったんですが、世の中変わった大学もあるんだなぁ...とひしひしと感じました。

 

というのも、彼らは大学の授業で韓国語・中国語・英語・日本語を同時進行で学んでいるんだそうです。確かに日本語上手。英語も喋れる。まあまだまだ不完全なところもたくさんありましたが、とても半年学んでできるレベルではない。すごい。

 

なんでそんなできんの?と聞いたところ、時間割を見してくれました。

 

「は?」

外国語の授業が8割だと...????

 

そう、彼らの授業のすべてのコマのうち、8割近くが言語だったのです。

一コマあたりの授業時間は京大よりだいぶ短いですが、週当たりの授業の時間はほぼ同じです。そのうちのほとんどが言語。そりゃ上手くもなりますわ。

 

 

ってな感じで、韓国には面白い大学があるんだなぁと感心しました。

ちなみに彼らは来年から半年を立命館大学、残り半年を中国の大学で過ごすそうです。

金は政府から出るんだとか。(幾らかは聞かなかった)

 

 

ところで、日本の大学でそんなところあるんですか?僕の知っている限りそんなとこなさそうですが。いくつかそういう大学があったらなぁ~絶対に面白いのにな~~と思いました。

 

 

 

 

以下、つまらない大学に対する愚痴です。

大学に入る前、僕は「一般教養科目」を大学で等しく勉強するのは当然でしょ、と思っていました。京都大学ももちろんそうです。しかし、最近は本当にそれ要るのかなと思い始めました。みんな自分のやりたいこと以外にもたくさんのことを勉強しなくてはいけません。嫌々ながらも単位を取るためにみんな努力されています。残念ながら京大生の中には不正行為に走る人も多々います。特に医学部ではカンニングが慣習化しているらしい。他の学科でもカンニングをしたor手伝わされた、という話がばんばか聞こえてきます。

 

カンニングしてる人たちについては、まじめな学生にとって様々な不利益があるので、正義とかそういうのとか関係なく死んでほしいと強く願っています。そもそもカンニングするやつに教養もクソもねえだろ、という話です。

 

まぁそんなアホどもは置いといて...

 

 

そうやって嫌々学んだものがどう人生に役立つのか、ということが問題です。今まで僕が嫌々やらされていたもので、成就したものはありません。もちろん少しはできるようになりますけどね。ハイレベルにはならない。非効率。

 

そこで、一般教養は非効率なんで必修にすんのやめたら?と提案したい。一般教養の単位は全部取りたい奴と必要に思うやつだけ取ればいいんじゃないかと思います。

特に京大はわざわざ入学時に学科まで分けてるんだから、みんな同じように単位を取る必要ありますかね。もちろん、学部学科によって必要単位数はそれぞれ違います。僕が言ってるのはそこも全部自分で考えてやればいいだろ、ってことです。

 

 

まあ今の日本・大学じゃ無理でしょうね。でもそれじゃいつまで経っても同じような人間の大量生産じゃないの、と思います。

 

もちろん、一般教養が不必要と言ってるわけではありません。ただ俺は、他のことやりたい人に無理やり興味ないことをやらせることに俺はしょーもなさを感じてるわけです。

 

 

どうせ大学に行くなら、総合的な大学じゃなくて偏りまくってる大学に行っても良いと思います。