ユーマちゃんのブログ

質問・要望はTwitterもしくはコメントで。返信はTwitterで。

朝鮮学校の授業無償化について

朝鮮学校の高校無償化云々という話が最近話題になっていますが、それについて少し書きたいと思います。

 

まず、今何が問題になっているかという話ですが、「日本政府は高校無償化を推し進める上で外国人学校もその対象にします」と言っていました。しかし、「外交問題朝鮮総連の繋がりがあるので朝鮮学校には金を払わない」と主張し、朝鮮学校に対しては金を出さんと言い始めました。

 

これについて広島地裁は「OK」、反対に大阪地裁は「ダメ」と言いました。大阪地裁の判決は極めて当然のように思われますが、やはり国内からは大きな反発があることでしょう。

 

 

それではそれらを1つ1つ前から書いていきたいと思います。

 

【なぜ、朝鮮学校は対象にならないか】

政府は、

朝鮮学校では北朝鮮の国家理念を敬愛する教育がされている。

外交問題(拉致問題など)が解決していないから

よって、金を出す必要なし。と主張しています。

 

 

【実際に朝鮮学校ではそのような教育が行われているか】

僕の知り合いには最近朝鮮学校との交流会へ参加した大学生とOBの知り合いがいます。彼ら曰く、朝鮮学校の中ではよく言われるような「反日的な教育」ではなく、むしろ「親日的な教育」が行われているそうです。

 

意外に思うかもしれませんがこれはとても当たり前のことなのです。

朝鮮学校に進学した生徒たちの多くは既に日本国籍を持っている方が多く、そうでなくても大方の生徒が日本でずっと暮らすつもりの方達です。その学校で反日的な教育をするメリットとはなんでしょうか?

実際、大阪地裁も一方的でなく、多角的な見方からの指導がなされていると認めました。大阪地裁では朝鮮学校の卒業生なども証人として呼ばれていたそうです。また保護者などにもアンケートを取ってそれを参考として扱いました。

 

要するに、朝鮮学校では反日的な・北朝鮮の理念を肯定する教育がなされているという主張はかなり穴だらけなものと言えます。

 

 

外交問題との絡み】

外交問題はあることには間違い無いのですが、この高校無償化と関係があるかというと怪しいです。高校無償化は「教育の機会をみんなに与える」という役割です。

これを外交問題に絡めるのは当然おかしな話です。高校無償化の趣旨から外れています。

 

 

【まとめ】

これらは大阪地裁の見解と経験などから書いていますが、大筋間違いはないはずです。僕は大阪地裁の判決は当然だと思います。しかし、国民の反発を含め、なかなか上手く進まないのも事実です。

みんながみんな、良識を持って物事を判断出来るとは限りません。「朝鮮は嫌いだ!」という感情が彼らのロジックの主部であるな、と感じることがよくあります。したがって、彼らを納得させるのは無理です。

しかし、日本が日本を先進国日本、美しき国日本と胸を張るためにも差別を肯定するようなことがあってはならないと思います。行政、司法にはその辺頑張って欲しいと思います。

 

ちなみに、高校無償化は民主党政権が言い始めましたが、当時の菅総理大臣は「当然朝鮮学校もその対象にしなさい」と指示していました。その点は僕はとても評価できると思います。後にその話は立ち消えになりましたが。

 

 

 

 

→以下、ネットで見た反対意見のおかしな点シリーズ

 

「俺らの税金を使わないでくれ」

朝鮮学校の人たちも当然納税しているので意味不明。「俺ら」の中に入ってます。

各種学校は学校ではないから払わなくて良い」

→確かに朝鮮学校各種学校といって一般的な学校とは異なり、自動車学校などと同じ枠組みです。しかし、朝鮮学校以外にも多くの外国人学校各種学校に属しており、彼らは高校無償化の対象です。この主張は破綻しています。

反日教育してるとこに金払うな」

→既述

 

 その他、おもしろい主張を見つけたら教えてください。