ユーマちゃんのブログ

質問・要望はTwitterもしくはコメントで。返信はTwitterで。

(1) Wikipediaの仕組み

Wikipediaの仕組み」と大雑把な題名を付けましたがもっと言えば「Wikipediaの編集・修正・管理の仕組み」です。レポートや論文、調べ学習ではしばしば「Wikipediaの扱いには気を付けなさい」と言われますが、特にその理由を説明された覚えはありません。そこで、ここではWikipediaを編集・管理する側の目線からその理由を探っていきたいと思います。

実はWikipediaのページには色々と機能がついていて、その機能をある程度知っていれば情報の確かさを量るうえで多少は役に立つと思います。(次回以降)

 

☆編集は誰でも一瞬でできる☆

Wikipediaの素晴らしいところであり、弱点でもあるところは誰でも一瞬で編集できることです。一瞬とは比喩ではなく、本当に一瞬でできます。

例えば「著作権」というページを開きます。

 

f:id:yuma2012:20170630054822p:plain

そして右上に表示された「ソースを編集」というボタンを押すと...

f:id:yuma2012:20170630054803p:plain

そのまま編集画面が出てきます。

ここまでユーザー登録やログインは全く必要ありません。中身を適当に変えてワンクリックで改ざんすることができます。

 

☆いたずら・悪意のある改ざんをどう防ぐか☆

つまり、Wikipediaを改ざんすることは超簡単なわけです。これでは小学生でもいたずらで編集を行えてしまいます。

だったらそういった改ざんを防ぐためにはどうすればいいんだろか、ということを人は考えます。普通の人ならそう考えますし、実際多くの「信頼性の高いサイト」は容易に編集することはできません。多くの認証やら資格やらが必要です。しかしWikipediaはそういうものとは違います。編集はあくまで世界中の誰にとっても可能なものなのです。

 

☆編集を防ぐのではなく、間違いをスムーズに修正する☆

では、どうやってWikipediaが間違いを防ぐか。それは簡単な話で、誰かが修正してくれれば良いわけです。編集したユーザー(匿名の場合はIPアドレス)の情報と変更内容や時間etc...はすべて編集履歴に保持されます。履歴は誰でも見ることができます。先ほどの「ソースを編集」ボタンの右に「履歴」というボタンがあります。そこを押すとこんな感じで編集履歴が表示されます。

f:id:yuma2012:20170630061014p:plain

 

ここでは誰がいつどこをどうやって変えたかを見ることができます。登録したユーザーであればコンタクトを取ることもできます。どこをどのように変更したかは「選択した版同士を比較」ボタンで行うことができます。

こんな感じ。

f:id:yuma2012:20170630061547p:plain

このように以前は何が書いてあってどのように編集されたかを簡単に見ることができます。Wikipediaにおける情報は削除されたものでもほとんどが履歴として保存されています。以前のバージョンに戻すことは誰でも簡単にできるので、改ざんされても誰かが戻せば終わりです。

ちなみによく芸能人がスキャンダル報道の影響でページをめちゃくちゃに荒らされる、ということがありますが、そういった炎上ケースには「ページを保護する」という機能によって一時的にページを守ることができます。詳しくは後述。

 

Wikipediaにおけるルール☆

ここまでまるでWikipediaが無法地帯のように書いてきましたが、実際はそんなことありません。当然色々なルールがあります。悪質な編集を行うとBAN的な扱いもされるし、編集者がちゃんと「対話」しないとまたしてもBANされます。BANというとアレですが、要するに編集できなくなります。

「対話」と書きましたが、実はWikipediaにはコミュニケーションスペースが各ページについています。ここでは主に編集者同士で内容について話し合ったり、質問や議論(討論とは違う)も行われます。このスペースにおいて、確認や意見の募集をしてから編集は行われることが推奨されています。

著作権」のページには一個しかなっかったけど...こんな感じ。左上の「ノート」から見ることができます。

f:id:yuma2012:20170630063154p:plain

 

 

他にもたくさんルールがありますが、それよりも先にWikipediaのコンセプトを説明した方が早いので次回はそれ書きます。

次の話題:Wikipediaの仕組み

受験の話、僕が提供できるものはもうだいたい書いたので次のテーマに移りたいと思います。連載5浪体験記は引き続きたけに書いてもらってます。

 

ちょうどいまILASセミナーのまとめに入っていて、来週は「Wikipediaの仕組み」を紹介するんですが、Wikipediaについて知ることはこれからWeb上で調べ物をするときに損にならない知識だと思うので、ここで知識をひけらかしたいと思います。

といっても調べれば大まかな内容はわかるので、適当にかいつまんで話したいと思います。(次回から)

 

 

余談ですが、もうすぐ大学では期末テストが始まります。嫌いな授業or教師の単位を取らないと卒業できないと思うと無限に腹が立ちます。

そもそも教授の仕事は研究であって、授業ではありません。彼らは教員免許も持っていない(';')。したがって、彼らに授業の質を求めるだけ的外れだということです。他国では教える教授と研究職の教授で役割分担があるそうですが、なぜか日本は全部教授がやる。そして、教授には無駄な仕事が山のように積もり、研究に充てる時間が減る...僕はこのアホシステム変えた方が良いと思います。「何様だよ」と言われそうですが、いやいや客観的にみてどうなのよって話です。

 

まあどちらにせよ面白い授業なんてごくごく一部しかないんだろうけどね。後期は少し日本語の授業も取ってみます。単位にはならんけど。

【3】受験期の生活(by ユーマ)  京大・一般入試 開示

なぜか二次試験の結果を載せていなかったので載せておきます。

僕は第一志望が工学部情報学科で、第二志望が工学部地球工学科でした。工学部は6学科中第2志望まで、農学部は6学科中第6志望まで選ぶことができます。

 

もちろんセンターの比重や2次の比重も学部によって全然違いますし、採点も学部に任せられているので、気を付けてください。以下、工学部換算です。

 

☆結果(実際の点数・換算後の点数)

 

センター

国語 140/200   35/50

倫政 79/100        79/100

数学 173/200      0/0

理科 138/200      0/0

英語 174+40/250     42.8/50

合計 744//950     156.8/200

 

二次

国語 49/100      49/100

数学 118/200            147.5/250

理科 110/200            137.5/250

英語 79/150              105.33/200

二次合計 439.33/800

総計 596.13/1000

 

※理科は物理(100点)+化学(100点)。自己採点的には物理90点化学20点。センター理科は物理70点化学68点。

 

合格最低点 

情報学科 611.10/1000 不合格

地球工学科 577.50/1000 合格

 

以下、参考

建築学科   593.96/1000 (合格)

物理工学科   606.13 /1000  (不合格)

工業化学科   574.08/1000  (合格)

電気電子工学科 589.43/1000  (合格)

 

といった感じです。第1志望にはかなり距離がある(-15点)のに、受かったところは結構余裕(+20点)という感じ。工学部の中でも学科によってだいぶ大きなレベル差がある。志望順位はボーダーラインに全く同じ点数で並んだ時ぐらいしか参考にしないので、例えば第一志望/情報 、第二志望/建築にして、情報学科がダメでも第一志望/建築の人とハンデなしで争えます。受験当時僕はこのシステムを知らなかったので、もうちょいよく考えて第2志望を選ぶべきだったなとかなり後悔していました。倍率がやけに低いから適当に地球工にしたんですよね...。結局、志望順位は結果にほぼ影響がないので京大ホームページに載っている倍率はあまり参考になりません。第二志望になりがちな工業化学と地球工学科は特にそうです。

余談ですが点数的に下位の地球工学科や工業化学科は、今年合格した人のうち半分余りの人が第2志望合格です。

 

農学部も第6志望まで書けると言いましたが、僕の友人は第3志望のところに合格していますので、結構セーフティーネットがあると思ってもらって良いですね。国立上位大学でこのようなシステムがあるのは受験生にとって心強いと思いますので、よく調べて受験に臨むと良いでしょう。

 

今回は以上です。また書き足したり書き直したりします。

京大・特色入試について

高2・高3はそろそろ大学の説明会に足を運ぶ時期ですね。先日、京大の特色入試についてのお知らせを目にしたので少しばかり知ってる情報を書きたいと思います。

 

ちなみに僕は特色入試で入ったわけではありません。一般合格です...が、開成高校から合格した5人の現役生のうち、2人が特色合格ですので、それなりに内容は耳にしています。

 

京大の特色入試について、特徴を上げていくと以下のような感じです。

 

〜特徴〜

 

☆受験に必要な資格や経歴がない。これはとても素晴らしいところ。これについては京大の教授に話を聞いたので詳しくは後述。

※学科によってはまぁまぁハードルに差があるのでよくよく調べてください。

 

特色で京大を受けたからといって、前期後期試験で京大を受ける必要がない。つまり、京大の特色に落ちたから東大を一般受験するわ〜でも良い。

 

☆学部によってかなり難易度・募集人数に差がある。

 

☆一般入試じゃ絶対無理wって感じの人も結構受かる。馬鹿にしてるわけではなく。いわゆる一芸入試の進化版(?)

友人はセンター英語100点とかでしたが普通に受かってます。 

 

☆一般で入っても特色で入っても中ではほぼ一緒。カリキュラムとかに何か違いがあるのかと言われると全くない。何か違いがあるんですかねー??

 

〜詳細〜

まず京大特色入試の遍歴を紹介します。

平成28年度から始まったんですが、当時は東大の推薦入試と同じようにかなり高いハードル(物理オリンピック数学オリンピック入賞etc...)が設けられていました。しかしあまりにも求めているような受験生が集まらん、ということで次年からその基準を緩和しました。もう誰でも受けられます。だから是非受験してくれよ~(by 某京大教授)とのこと。

 

しかもここは驚きなんですけど、京大の特色に落ちたからといって、一般入試も京大にしなきゃいけないというわけではありません。医学部の推薦では結構束縛があるんですけど、そこらへん寛容なのが京大。東大志望でも医学部志望でも試しに受けてみたらワンあるで~ということ!面接の練習に使っても良いし、本番の雰囲気に慣れるためでも良い。

ぶっちゃけ、無駄に私立大学に金を落とすより国立大学のワンチャン入試受けた方が良いでしょ。追記:受かったら行かなきゃいけねぇんだった。すまぬ。

 

 

というわけで、これを読んだ受験生諸君は特色入試を受けましょう。

 

 

肝心の受験方法なんですが、学部によってかなり差があります。一番キツそうやな~と思ったのが理学部で、数学4問4時間で合否が出るというベストオブガチ。ただ文系学部は小論文+面接+センター(足切りのみ)のところも結構あり。農学部とかもそう。

一個一個説明するのはしんどいのでやめます。調べてわかんないところがあったらTwitterかここのコメント欄にでも書いといてくだされば返信します。

 

ちなみに僕が今のところ出会った特色合格者は、文学・理学・人健(医)・農・経済の合格者です。彼らには直でコンタクトを取ることができます。断られなければ。文・理・経は開成OBです。快く相談に乗ってくれることでしょう。他は他校出身の女子です。僕が土下座すれば気を遣って相談に乗ってくれるでしょう。

 

ぜひ京都大学特色入試受験、一考していただきたいです。僕からは以上です。また書き足すかもしれませんが。

 

補足

06/30 02:43 編集

理学部同期がTwitterで言ってたこと&色々なデータを貼っときます。

 

~コメント・理学部~

Q.特色入試の数学試験(4時間で4問)について

A.知識は大学受験に出る問題を普通にできれば十分。 ただ普段の受験勉強じゃあまり触れない問題(数学オリンピックとかともちょっと違う方向性)が集められてて、それに試験時間の間に慣れることができるかどうか。 その時の問題と縁があるかどうかみたいな感じで、誰でもチャンスはあると思う。

Q.対策について

A.過去問が2年分しかないから29年度の分は大事にしてほしいんだけど、試しに28年度の問題を4時間計って解いてみて。仮に0完だとしても解説読んでなんとなく理解できるなら全然狙えると思う(28年度大問4は29年度で傾向ズレたから理解できなくてもいいかも)。

 

参考にしてください。

 

~データ(募集人数等)~

☆募集人数 (2018年度)

 

総合人間学部 学力型AO

5名

文学部 学力型AO

10名

教育学部 学力型AO

6名

法学部 (後期試験として実施)

20名

経済学部 学力型AO

25名

理学部 学力型AO

5名

医学部医学科 推薦

5名

人間健康科学科先端看護科学コース 学力型AO

20名

人間健康科学科先端リハビリテーション科学コース(理学療法学講座) 学力型AO

5名

人間健康科学科先端リハビリテーション科学コース(作業療法学講座)学力型AO

5名

薬学部薬科学科 学力型AO

3名

薬学部薬学科 学力型AO

3名

工学部・地球工学科 推薦

3名

工学部・建築学科 推薦

2名

工学部・電気電子工学科 推薦

5名

工学部・情報学科 推薦

3名

工学部・工業化学科 推薦 

7名

農学部・資源生物科学科 学力型AO

3名

農学部・応用生命科学科 学力型AO

3名

農学部・地域環境工学科 学力型AO

3名

農学部・食料/環境経済学科 学力型AO

3名

農学部・森林科学科 学力型AO

3名

農学部・食品生物科学科 学力型AO

3名

 

 ☆その他

ここみりゃだいたいわかるのでここ見て

www.nyusi.gakusei.kyoto-u.ac.jp

 

 

 

【2】五浪【現役編】

こんにちは、たけです。

五浪生の回顧録の第一話 (前回はプロローグ的扱い) です。

 

受験生活について書くということなので、当然現役時代の話から始めていきます。

 

高校3年の夏、実力はないけども己のポテンシャルだけはとりあえず同級生たちにみせつけておきたかったので、友達に「おれ京大受けんねん!」「浪人すんねん!」と言いまくって満足していました。

当時まったく勉強はしてません。

 

成績は高校の同コース内で中の下だったので、友達からは早々に人生を終わらせにかかっていると思われていたと思います。

 

ちなみに高校の県内偏差値は56とまあまあ?でしたが、実はコースが四つ存在しており(成績順で分類)、たけはその中の上から3番目のコースにいました。実は入学時は2番目のコースでしたが、1年→2年の進級の際に落とされました。

それからも勉強はしてません。

 

受験結果から言うと、現役の頃はセンター試験が4割程度、二次試験が2割程度だったような気がします。

センター試験の数ⅡBが9点でしたからね。本当にバカですね。ちなみに英国が両方100点ちょうどくらい、その他は30点台~40点台だったと思います。理科は合わせで100点くらい…?

二次試験の数学はもちろん0点でした。

前にも書きましたが、一応受けたのは経済学部(理系)です。

後期試験は受けてません。

 

現役時代は基本遊んでました。学校サボってカラオケ行ったりビリヤードしたりもしてました。たまに琵琶湖で遊んだり。サバゲでちょっとミスって少しだけバビロンのお世話になったり。再度言いますが勉強はしてません。

 

彼女はいませんでしたが、一緒に花火大会に行った男友達と女友達が目の前で告白して突然カップルになるというイベントがあったので、なぜか自分までリアルが充実しているような錯覚に陥いり、卒業までずっと白目でした。本当です。勉強できないわけですね。

 

現役時代はこんなただの白目の陰キャラでした。

当然浪人することになり、山口県の予備校の寮に入ることになりました。

 

次回はそこで過ごした一浪期について書きます。

男性向けの話

今回は絶対に万人にとってためになるであろう話をします。

 

先日、先輩からある衝撃的な発言を聞きました。「俺、パイパンなんだよ」

 

ええっ!と思いました。

普通のリアクションです。

 

しかし、よく考えてみれば確かに理にかなっているんです。

 

一人暮らししてる方はより一層よくわかるでしょうが、日頃からなぜか男の部屋にはちぢれた毛が溜まるんです。掃除しても掃除しても出てくる。これはもう宿命というか運命というかそういうもん。いい加減終わりのない掃除には辟易してきました。

 

そこで...そうです!剃ってしまえば良いんです。根本から。

納得していただけましたか?

 

 

とゆことで、早速剃り始めました。奴を。

さすがに一気に剃るのは気が引けるので、外堀から少しずつ削っていく感じで始めました。

これから掃除がどうなっていくのか。朕のチンにどんな影響があるのか。自分でよく観察したいと思います。

 

ちなみに、一応断っておくと僕に女っ気は片鱗もないので、他人の前で披露する機会は存在し得ないと思います。

 

みなさんも是非、陰毛刈りを試してみてはいかがでしょうか。以上、ためになる話でした。

 

大学生活について

今回は、大学生活について書こうと思います。

高校時代の僕は大学生活について全く知識がなく、漠然とした想像をするだけでした。ここでは具体的にどんな生活を送っているのかを紹介し、少しでも参考になればいいなと思います。

といっても、僕は少し特殊なコースにいるので参考になるかはわかりませんが。

 

☆時間割

1限 8:45~10:15

2限 10:15~12:00

3限 13:00~14:30

4限 14:45~16:15

5限 16:30~18:00

f:id:yuma2012:20170620023243p:plain

コマ数自体は平均より少なめだと思います。クラスの中でもかなり少なめな方です。その分、重たい選択講義を取ってます。

 

では、実際の自分の生活を紹介したいと思います。

 

☆先週の生活

月曜

一限がなくなったためと徹夜明けのため12:30に起床。3限から登校。16:15に4限が終わり、図書館へ。パソコンの課題をやってから学食へ。18:30帰宅。溜まった課題をやり始める。翌日の5限が中間テストだったのもあり早朝6時に就寝。

火曜

起きたら11時。絶起。出席点ないし、出てもわかんねえしいいか~と思い学食へ。4限から出て18:00に授業終わり。学食に寄り、19:00に帰宅。水曜に提出のレポート①を書き終わり、提出。木曜のILASセミナー(ゼミのこと)のプレゼンの準備を始める。全く終わらず、再び早朝6時に就寝。

水曜

授業後はいつも通り学食に寄ってから17:00頃帰宅。本日中のレポート②をやり始める。18:30頃に提出。翌日のプレゼンを作る。23:00頃終了。金曜に提出の課題(激重)にとりかかる。1/4終わったところで日が出てきたので就寝(たぶん4時?)

木曜

起きて朝飯を食いに食堂へ。一度帰宅して、また寝る。起きてコンビニでパンを買って3限の授業へ。18:00授業終了。学食によって帰宅。19:00頃から課題を始める。翌日に再び中間テストがあったのでその勉強も。朝5:30に終わる。就寝。

金曜

10時起床。授業へ。昼は帰宅してテスト勉強。4限の中間テストを受けて帰宅。一週間終了。

なんかブラックコース紹介みたくなってしまった。そういうつもりではなかった。きつめの学科はきっとこれ以上に忙しく、昼夜逆転の生活になっているのでは?(憶測)

 

 

大学生は学科、コースによってだいぶ忙しさが違います。学年ごとにもだいぶムラがあります。よく調べて入りましょう。取るゼミ、選択科目によってはより忙しくなります。僕の場合は取ってるゼミが鬼なのでより忙しい。(あと見てのとおり普通に計画性がない)

 

参考に....しないでください。書いて後悔した。

もっと実になることを書きます。