ユーマちゃんのブログ

質問・要望はTwitterもしくはコメントで。返信はTwitterで。

シンガポール・南洋理工大学に留学した感想

留学する人に向けた役に立つ内容はまた終わってから。

忘れないうちに面白かったことを書いていきます。

 

シンガポールで感じたこと☆

 

・GPAの大事さ

シンガポールにおいて最も重視されるのは大学名とGPA。GPAが大きく就活を左右するため、授業初日から図書館は人が大勢自習してた。日本ではGPAはあまり関係ないし、同じ仕事につけば給料は変わらないが、こちらでは同じ会社の同じ仕事についてもGPAと学歴で初任給に差があるらしい。だからちゃんと授業の勉強をまじめにやっている。

まじめだからといって授業にちゃんと来るかというと別にそうではない。オンラインで授業の録画は上がるので別に行かなくても勉強はできる。出席は特に重要視されてない。グループワークは多め。

 

・一方で単位を取るのは簡単

→成績は相対評価のため、みんなAやA+を取るために頑張るのだが、一方で単位が落ちることはそうそうない。ましてや留年なんてしたら学年全体で英雄のように有名になるらしい。つまり、単位を取って卒業することは難しくない。良い成績を取るのが目標であり、難しいところ。

 

・授業は普通

→日本よりずっともっとグループワークがある。グループワークやるのが大学でしょ、みたいな欧米スタイルの特徴。ちなみに成績は全員同じようにつく。

レクチャーする内容はいたって普通。私が取っている授業はあんま面白くない。ほかの人らは課題がたくさん出る授業とかをひーひーいいながらやっている。

勉強するには向いている学校であることは間違いないけど、別に日本にいる時となにか革命的に違うかというとそうではない。最も私がいたとこがグローバル教育(笑)の名のもとに作られたからスタイルが似ているのは当たり前なんだけど。

 

 

・食費の地域差が尋常じゃない

→NTUはシンガポールを東京に例えるなら奥多摩。大学内や大学周りでの食事はかなり安い。学内なら一食200~600円くらい。しかし、30分くらい電車に乗って中心街に行くとだいたい一食1200円くらい。同じものでも3~4倍くらい値段が違うことが普通。しかし逆に言えば大学内で生活する分には日本の学食食っているより安く生活できる。

 

・食費は安いのに酒とたばこが馬鹿みたいに高い。

→税率のかけ方が酒とたばこに関しては以上。Tigerビール以外は高すぎて飲めない。コロナとかもう価格崩壊してた気がする。Heineken1缶で400円以上はした気がする。中心部、たとえばオーチャードなら600円くらい。禁酒・禁煙したい人はシンガポール留学をお勧めします。

 

・学生と企業のかかわり方が密接すぎて笑える

シンガポールの大学は企業からかなりのサポートを受けて運営している。それは大学だけでなくクラブや寮もそう。

例えば寮の新入生歓迎会。4時間の歓迎会がダンスやバンド演奏で始まったのだが、一時間ほどたったころ、いきなり現れる化粧品の数々。そしておばさんセールス。そこから一時間はその化粧品会社による宣伝が占めていた(!)。しかも、寮の上級生たちはだいぶ前からそれを使っていた?ようで、劇的ビフォーアフター大会などが行われていた。一番肌がきれいになった人などには景品が出てました。この宣伝活動と引き換えに歓迎会のごはんなどはただで食えるんだなあと知りました。

所属していた大学サークルの方でも同様なことが。2泊3日の旅行が3000円で参加できたので破格だなあと思っていたが、最後に待ち構えていたのはなんと「北海道観光局」による宣伝。このサークルは日本との文化交流を主にしているため、日本が好きな学生が多く、彼らを対象に北海道への旅行を宣伝しにやってきたのだ。最も、学生の前で北海道から来た公務員のおじさんは話さず、代理の人が説明していた。ほかにも在シンガポール日系企業などがスポンサーについていた。

ここまでばっちり学生と企業が密接な関係にあるのは結構興味深かった。各クラブには対外財務担当がいて、彼らが企業にサークルの活動を売り込み、スポンサーについてもらうのだ。大変だな~責任重いな~。まあそれもまた役に立つ経験にはなりそう。

 

・マナーの良いところ悪いところがまちまち

→たとえばトイレは流さないと罰金なのにあまりその辺意識高くない。一方で電車の中では老人に席を譲りまくる。座ってたらお前もばあさんに席譲れよ、と優しく諭されしぶしぶ譲る。電車内では飲食禁止。罰金対象である。そして駆け込み乗車も同様。友人が駆け込み乗車したらまわりからざわめきと冷たい目線の集中砲火。

しかししかし、携帯で大声で電話する奴もたまにいるし、電車内でのマナーの基準はよくわからん。まあどの社会でもマナーなんて別に合理的か~とかどこからアウトか~なんてあいまいだしね。

 

・寮代がよくわからん

→僕の寮は二人部屋で月25000円。ただし、冷蔵庫を置く場合1学期ごとに数千円追加で払う。また冷房はSUICAみたいなプリペイドカードを差し込んで使う。冷房代が馬鹿みたいに高い。1時間使うと25円。一か月で5000円弱かかることも。寮代に比して冷房代だけは節約しなきゃいけなくてだるい。その辺は学校の設備を使うのが良い。

シンガポール国立大学(NUS)とここ南洋理工大学(NTU)は交換留学生が確実に寮に入れる規模の寮がある。寮には交換留学生・正規生のうち1・2回生、家が遠い3回生以降の順に優先的に入れる。NTUには寮が学内に24か所?くらいある。私の寮は近いから良いけど遠い人は学内バス(無料)で移動する。

ちなみにシンガポール3大有名大学はこの二つともう一つシンガポール経営大学(SMU)があるが、ここには寮がない。しかもがちがちの中心街にあるため、アパートなら月15万円はくだらない。友人はほかの大学の寮に泊まり、電車通学している。そこは月7万円だそう。金銭的に余裕がない人はNTUかNUSにすべき。

 

 

 

<留学までのスケジュール>

8/5 京大のテスト最終日

8/6 関空からシンガポール

8/7 早朝に到着しgrabを使って南洋理工大学へ だいたい2500円くらい。1時間ちょい乗ってた気がする。指定された寮に行って窓口へ。そこで鍵をもらい自部屋まで案内してもらった。その後、大学でいろいろと支払いや登録を済ませる。ガイダンスがあった。1300人も交換留学生がいるらしい。

8/8 日用品などを買いに行く。学校まで近く、歩きで学校へ。スーパー・コンビニ・食堂・銀行・ATM・図書館が5分以内にある。健康診断を受けた気がする。

8/9 シンガポール建国記念日 マリーナベイまでSMUの友達と行く。NTUから中心部までは電車で40分くらい。各駅しかないがそもそも国土が狭いのでそんなに苦ではない。

8/13 授業開始

授業の履修がめんどくさすぎてさじを投げる。

8/16 健康診断の結果を受け取り指定された時間にビザ受付に行く。顔写真の背景が白くなかったのでその場で取り直し。金も払ってなかったので横のPCで即支払い。それを印刷して提出。8/22に受け取った気がする。

 

シンガポールの特徴☆

・狭すぎてみるものがない

・ただ空路は有能なので海外旅行には完璧。

 

あきた。

 

 

「義務教育を受けるべき」批判は害悪である

久しぶりの更新。

 

小学校に行かない小学生Youtuberが出てきました。

それに対してネットではとにかく「学校には行った方が良い」「義務教育も出ないようじゃこの先心配」などとほとんどが批判の声でした。が、そういった意見に非常に僕は懐疑的なのでここで書いて発散しようと思います。

 

多くの意見を総括すると、「いじめといった特別な理由がなく、学校に行きたくなくていかないというのはさぼりである」「子供はやるべきことをやるべきだ」「義務教育を終えないことは最低限の教養や社会性が身につかない」といった感じです。

 

しかし、実際によく考えてみると小学校で得られる社会性や知識・教養などは学校に行かなくてもどうにでも身につくはずです。義務教育の場はそれらを効率よく提供する社会システムであることは否定しませんが、それは唯一の選択肢では全くありません。そもそも「学校に行け」と言っている人で義務教育を終えていない人はほぼいないはずなので、自分が歩んだ道が唯一の正解かどうかなんて知る術はありません。学校に行かないことを無下に批判することは、単純に自分の未知の領域を拒んでいるに過ぎないのではないでしょうか。

 

「義務教育を出てない奴はルールが守れない」という意見もありましたが、それは本当でしょうか。義務教育がない国の人々や、学校がなかったころの日本は秩序もへったくれもない荒野だったのでしょうか。そんなはずはありません。

学校がない時代や学校がない地域では主に家族やコミュニティの中でこれを学んできた・学んでいるはずです。もちろんそれが難しい家庭もあるでしょう。そういう人にも平等に学ぶ機会を与えるのが義務教育なんです。自分で十分な学ぶ場を持っているのであれば、学校に行くメリットは学校外ですべて消化可能だと思います。義務教育の場でしか学べないことってそもそもそんなにあるんでしょうか?

 

そしてなにより引っかかるのが、「いじめなどの特別な理由」があれば学校は行かなくても良い、という点です。これはいじめ問題が浮き彫りになっている現代社会の雰囲気が言わせているにすぎません。集団で行動することや勉強することが苦痛に感じている人間はたくさんいるはずです。そういった人間を何人か見てきました。いじめは苦痛だから逃げても良い。なら同様に、集団行動が苦痛なら逃げても良いだろうと僕は思います。苦痛の感じ方は人によって違います。

 

「いじめられていないなら学校に行かなければいかない」

これほど筋の通らない暴論はないでしょう。

 

さらに、僕がこの一件で一番危惧していることは、学校に行きたくないと今思っている子供たちがこの「学校に行かない奴はダメだ」という批判の波に煽られて苦しむことです。義務教育は絶対だ、という思い込みは義務教育の真っただ中にいる子供にとってプラスに働くことは絶対にありえません。学校外での教育手段が発達している現在において、大人たちが作り出すべきは「学校に行かなくても手段はほかにある」という雰囲気であり、「苦しいなら逃げても良い」という逃げ道です。

 

昨今では道徳が教科化され、他人を受け入れようとかいじめは良くないぞーという教えは重要であるという風潮が高まっています。そして教育においてだけでなく社会全体で "多様性"というワードがボロ雑巾のように使い込まれています。そんな社会の中で、「学校に行かない奴はダメ」という大人は一体義務教育で何を学んだのでしょうか。

 

義務教育は社会全体においては最適解かもしれません。僕に子供ができたら、義務教育に通わせるつもりです。しかし、それは個人にとっての最適解とは限りません。個人の生き方はもっと柔軟で選択可能なものにしていくことが、これからの社会を結果的に良い方向に向かわせると考えます。

 

 

 

 

大学生になると趣味が継続できなくなる

大学生になってから趣味が継続できなくなりました。

 

それは趣味にすぐ飽きてしまう、という意味ではありません。趣味は趣味のままなのに、熱中できなくなってしまいます。

 

 

僕の趣味は高校時代から変わらず、マンガ・アニメ・ゲーム・プラモなどのインドア系と、あとはたまにテニスするぐらいでした。大学に入ると、お金の用途の自由度は上がるので、むしろその幅は広がりました。

 

しかし、"長い時間"それに集中できないのです。それは単純に体力の衰え・老化ゆえだと思います。

 

 

例えばマンガ。高校時代にはよくオールして一人で20冊ぐらいマンガを読むことが多々ありました。それが大学に入ってからは一切できない。途中で寝落ちするか、そもそもそんなことをしようとも思えません。

 

ゲームもそう。せっかく中古で昔からやりたかったゲームを買ってもまず始まらない。ポケモンのウルトラムーンは発売日に買ったのに、まだ最初のポケモンを選んでない。そこまでたどり着けない。

 

プラモ、これに関しては最悪。実家に一つ作りかけのものがあり、京都で一つ買って作りかけ。さらに新しいものを買って未開封。合計3つのプラモが宙に浮いている状況。

 

さらにマンガは14巻ほど中古で買った本が置きっぱだし新刊3冊は未開封ブックオフで買った100円のCD数枚はウォークマンに移すことが面倒で未開封。絶望。

 

なんでこうなったんだろう。やはり衰えが原因なんでしょう。高校時代の感覚で買い物をしたことが間違いなのです。時間はあっても気力は大幅に減少しているんです!!

 

そして、全ての若者は悟るべきです。社会人になったらもっとダメになると。たしかに大学生になり、社会人になればお金は増えていくはずです。が、時間と体力は落ちていく一方なのです。

 

結果、お金はあるしやりたいことはいっぱいあるけどやる体力と時間がなく、用具だけ揃えて満足して死にます。趣味は多いが趣味を楽しむことはなく死ぬ。それで本当に良いのでしょうか?

 

 

中学生と高校生、そして入りたてぴちぴちの大学生はよく考えるべきです。断っておきますが、数人でやる趣味は続きます。お互いに強制力が働くからです。麻雀とか旅行とか。

 

でも、ソロプレイングはそうじゃない。自分一人でやる趣味は長くできない。しかしソロの趣味こそ長い人生の中で一番大事にすべきはずです。

 

 

だから全国の中学生・高校生に言いたい。低賃金で働くな。外に出るな。家でマンガ読んでゲームしてプラモ作ってオールしろと。

 

 

 

 

以上ですお疲れ様でした。

 

受験相談について

ここ数ヶ月、ブログ書いてませんでしたが、地味にアクセスしていただいてるようでアクセス数が37000回超えました。ありがとうございます。

 

 

ブログへの質問はツイッターにしてください。といっても最近、受験相談はあまり対応できてません。答えられる範囲で答えています。受験に関しては友達が頑張って書いてるのでそちらを参照してください。これから内容増えていくはずです。

 

https://instagram.com/haittemimashita?utm_source=ig_profile_share&igshid=1jrks0i5ntyx

 

よろしくお願いします。

 

正直、最近はもうあまり受験について興味はないので、参考書や予備校などについては聞かれたら答えるだけにし、ブログは書かないつもりです。

 

 

Word2016 数式機能の読み込みが遅い時の対処

Word2016を使ってると数式の読み込みがもうべらぼに遅いし、一つの数式を読み込むために毎回応答なしになるということがあります。しかし、レアケースなのかあまりネット上に対処法が載っていません。

 

僕は一年ぐらいこれに悩まされてきましたが、

コントロールパネル→デバイスとプリンターの表示→「Microsoft Print to PDF」を右クリックして「通常使うプリンターに設定(既定のプリンターにする)」という操作で解決できました。

 

他にもフォント(Cambria Math Regular(標準))がダウンロードされてないってことも原因としてあるそうです。ここを参考してください。(Wordで数式を書くと動きが重い - マイクロソフト コミュニティ)ここ以外に使えるサイトはありませんでした。

 

ちなみになんでプリンターの変更が数式の読み込みに関係しているのかてんで検討もつかないのですが、だれか詳しい人教えてください。

 

 

 

以上

 

飛行機キャンセル時の振替について

3日前までインドネシアに行ってました。

9/8にジャカルタから関空シンガポール経由で帰る予定でしたが、関空が台風で沈んだために飛行機が早々にキャンセルになりました。

 

結果的に予定より早い便で帰ってくることができたのですが、僕以外の日本人は帰宅が1〜5日遅れたので完全にラッキーでした。

旅行に行く方も多いと思うので、なんとなくまとめておきます。役に立つかもしれん。

 

 

 

 

やるべきこと

キャンセルになりそうだったらすぐ航空会社のホームページを見る。分からなかったらSNSとかでも検索してみる。

→大事な情報はチケット情報やマイページではなく、航空会社のホームページにいち早く表示されるので、それを見るべき。随時、臨時便やキャンセル情報が更新されるのでしょっちゅう確認したほうがいいです。

更新されたら誰かしらツイートするから、ツイッターでサーチすると新しい情報に気付きやすい。航空会社名で検索すると、どのような扱いを受けるかもある程度知ることができます。「○○航空全然振替してくれねぇ...」「××航空すぐ対処してくれた」etc...

 

 

 

いくつかの窓口に問い合わせてみる

→窓口は出発地、到着地、経由地にあるのでそれぞれ別々に問い合わせてみるべきです。例えば、僕の場合「ジャカルタシンガポール関空」でしたがその全てに窓口があります。しかし、どこも力が同じなわけではなく、航空会社がシンガポール航空だったので一番権力を持ってるのはシンガポールの窓口です。

しかし、事前にシンガポールに行くのは不可能なので他の窓口から問い合わせてもらうか、国際電話をかけるしかありません。

今回の場合、ジャカルタシンガポール、日本のすべての窓口に電話しましたが、繋がったのはジャカルタだけでした。おそらく、シンガポールと日本は回線が混みすぎててダメだったんでしょう。

 

 

いくつかの手段で連絡する

→窓口に電話してもダメなことはまぁ予想できたので、早めにメールを書きました。英文でシンガポールの受付に2回。日本語で日本の窓口に1回送りました。これらのメールは帰宅日の3日前(9/5)に送りました。

→そして一番強いのはやはり空港窓口に行くこと。空港のチェックインカウンターかその周辺にあるカスタマーセンターに行くのが一番強い。僕は友人の振替のためにジャカルタのカスタマーセンターで交渉しました。そこで、どうにか次の日の便を抑えることができました。誰も他に客はいませんでしたが、取るまでに1時間半を要しました。

 

 

 

 

結果

 

電話に対する返答

ジャカルタ窓口 (インドネシア人の友人がかけてくれた)

→「9/8,9/9の便は臨時便も含めていっぱいです。9/10の成田行きなら空いてます。もしかしたらどうにかできるかもしれんが、それはシンガポールに電話してみてください」

シンガポール窓口

→自動音声が何言ってるかわからず窓口に辿り着けない。そもそもたぶん繋がる状況じゃないみたい。

・日本窓口

→お父さんが20回以上かけてくれたらしいが一度も繋がらず。

 

電話の結果は、便は9/9までいっぱいですとのこと。しかし実はこれは正確ではなく、おそらくジャカルタ窓口で取れる便は9/10までないよって意味だったんだと予想します。事実、僕は9/7の便で帰ってこれた。

 

メール

・英語でシンガポールに送ったやつ

→9/6に返信が来て「9/8も9/9も空いてません。ワンちゃんはあるんでシンガポール航空シンガポール窓口に電話してください」とのこと。つまり無理だった。

・日本語で日本窓口に送ったやつ

→9/7(帰宅予定日前日)の朝にメールが来る。「わずかですが、今日9/7の深夜発、名古屋行きの便がわずかに空いてます。返信したら予約します。」とのこと。送られて来てから2時間以上経ってから返信したが、そのあとさらに1時間半後に返信が来て予約を取ってくれました。

 

窓口に直接行く

→上にも書きましたが、長い時間をかけさせられてようやく次の日の便(友人の便)を取ってくれました。おそらく、ホストの空港、ここでいうシンガポールの窓口に行っていたら結果は違ったはずです。シンガポール窓口の方がちゃんと早い便を取ってくれたはず。ただし、おそらく何十人もの客が並んでいたと思われます。

 

 

 

まとめるのが下手なのでごちゃごちゃした文になってます。が、大事なことはあらゆる手段を使うことです。「この飛行機はいっぱいです」とか「この日の飛行機はいっぱいです」と言われても、他の窓口に問い合わせたら実は空いてる可能性もあるし、空港に行ったらまた何か変わるかもしれん。

ということで、大事なことはできることは色々やってみた方がいいということです。今回はメールが最良の結果をもたらしてくれましたが、いつもそうとは限りません。そもそもシンガポール航空は良い航空会社なので、待遇がまだ良かったのかもしれない。

ちなみに、窓口での優先順位は情にも左右されるらしいです。僕はどの家族を危篤にするか迷っていましたが、結果的にそういう場面にはなりませんでした。

 

 

 

Pandaにアップされた複数のファイルを一括ダウンロードする方法 (京都大学)

今回は京都大学の学生のための記事です。

 

本題に入ります。Pandaに授業資料をあげる先生が少なからずいらっしゃいます。日本人の先生方がどの程度Pandaを利用するのか知りませんが、人によってはたくさんの資料をアップされる方もいらっしゃる。

 

 

しかし、ここで問題が。

 

 

複数のファイルを一気にダウンロードする方法がよくわからない。みなさんも試したことがあればわかると思いますが、複数のファイルにチェックを入れても肝心の(よくありがちな)ダウンロードボタンがどこにもない。Fuckin’ crazy

 

 

 

そこで、僕は今回そのやり方を一つ見つけた(正確には一年前に見つけた)のですが、ほかに良いやり方がないのかな?と疑問に思っています。このページを運悪く閲覧した方でご存知の方がいらっしゃればTwitter@yuma2011n)もしくはコメントで教えていただきたいです。

 

とりあえず雑ですがそのやり方をまとめておきます。

必要があれば参考にしてください。

 

 

 

 

Pandaにアップされた複数のファイルを一括ダウンロードする方法~

 

まずPandaに自力でログインしてください。

今回はこの”Introduction to Urban Planning”のファイルを一括ダウンロードします。

f:id:yuma2012:20180705225257p:plain

 

 

 

① まず、自分の「マイワークスペース」の「リソース」に移動します。

ここで注意することは授業のページでは何もしないことです

 

f:id:yuma2012:20180705225504p:plain

 

② 「My Workspace」というフォルダの下に「他のサイトからコンテンツをコピー」というところがあります。これを押します。すると、このように自分が登録していて、かつPandaを利用している授業がすべて表示されています。

複数のファイルをアップしている授業はフォルダのアイコンに「+」マークがついています。この「+」マークを押します。

 

f:id:yuma2012:20180705225635p:plain

 

 

③ するとこのように中にあるファイルが一覧で表示されます。ほしいファイルの左にあるチェック欄に一個一個チェックを入れていきます。(これもまた面倒くさい)

 

f:id:yuma2012:20180705230045p:plain

 

 

④ チェックを入れ終えたら上の方に「コピー」ボタンがあるのそれを押します。二つありますが、↓の画像の字が青くなっているほうの「コピー」ボタンです。

 

f:id:yuma2012:20180705230235p:plain

 

⑤ コピーボタンを押したら、そのまま上の方にスクロールします。すると、「My Workspace」というフォルダの右のほうに二つボタン(「追加」「操作」)があります。このうち、「操作」を押します。

 

f:id:yuma2012:20180705230544p:plain

 

すると一番上に「コピーしたアイテムをペースト」というのが出てきます。これを押してやると7秒ぐらいしてからページが更新されて自分の「My Workspace」の中に選んだファイルが全部コピーされます。

 

f:id:yuma2012:20180705230745p:plain

(ちなみにここで作成者が「先生の名前」から「自分の名前」に変わっています)

 

⑥ コピーができたら再び「操作」ボタンを押します。

f:id:yuma2012:20180705230929p:plain

 

今度は「ZIPアーカイブに圧縮」というボタンを押します。これによって「My Workspace」のファイルが全部一つのZIP(圧縮ファイル)になります。これも完了するまでに数秒かかるので耐えてください。

 

f:id:yuma2012:20180705231133p:plain

 

すると一番上に「~44fb0f7b-1051….zip」という長い名前のZIPファイルができます。このファイルのファイル名をクリックすると、保存するかい?と聞かれるので保存してください。

 

f:id:yuma2012:20180705231801p:plain

 

で、それを展開したら全部のファイルが入っています。

 

 

 

以上です。

 

長いですが慣れればすぐできます。

もっと簡単なやり方がみつかればいいんですが、あったら教えてください。

 

 

おしまい