ユーマちゃんのブログ

質問・要望はTwitterもしくはコメントで。返信はTwitterで。

Word2016 数式機能の読み込みが遅い時の対処

Word2016を使ってると数式の読み込みがもうべらぼに遅いし、一つの数式を読み込むために毎回応答なしになるということがあります。しかし、レアケースなのかあまりネット上に対処法が載っていません。

 

僕は一年ぐらいこれに悩まされてきましたが、

コントロールパネル→デバイスとプリンターの表示→「Microsoft Print to PDF」を右クリックして「通常使うプリンターに設定(既定のプリンターにする)」という操作で解決できました。

 

他にもフォント(Cambria Math Regular(標準))がダウンロードされてないってことも原因としてあるそうです。ここを参考してください。(Wordで数式を書くと動きが重い - マイクロソフト コミュニティ)ここ以外に使えるサイトはありませんでした。

 

ちなみになんでプリンターの変更が数式の読み込みに関係しているのかてんで検討もつかないのですが、だれか詳しい人教えてください。

 

 

 

以上

 

人生において最も恥ずべき日

最悪だ。今日は最悪な日だ。

 

朝の10時までプリズンブレイクアマゾンプライムで見てた。起きたら17時。バイトに行くために身支度をしながらふとツイッターを見たらそれがあった。

 

結論から申し上げると、僕の応募したNFのテーマ案が投票で1位になり正式にNFのテーマに決まったそうだ。見た瞬間血の気が引いた。お前まじかと。これは俺が帰宅し、布団の上で半睡状態で書いたやつやぞ、と。しかもセンスがない。理知的な何かを全く感じない。恥ずかしい。

 

 

センスある皮肉。これが一番好き。直接的な批判は批判でしかなく、皮肉と違って美徳のかけらもない。酔いから醒めた今、後悔するしかない。

 

 

だが悪いのは俺じゃない。もっとセンスある案を出さなかったセンスある方々のせいだ。京都大学にとっての「今」とは、吉田寮が潰され、タテカンが撤去され、学生に対する川添副学長をはじめとした当局による押さえ込みが全てを飲み込んだ、ある意味では「終わり」である。

 

NFテーマに限らず、僕と違ってセンスある京大生には是非ともこのある意味「終わり」の京都大学に対する悲痛な叫びを巧みな言葉で伝えて欲しい、と願いたい。

 

 

 

僕の吉田寮に住む友人や先輩がついに吉田寮から出て行った。学問・学生の場を破壊することが一体何に役に立つのか。噂によると吉田寮の跡地に国際交流館や新しい校舎ができるらしい。そこには毎度お馴染みグローバリズムとそれに乗っかる役人や大学がある。非常につまらないことだ。

 

国際的な地位を高めたいなら金をつぎ込むしかない。しかし彼らは学生から奪うことでそれを果たそうとする。それは東京オリンピックのボランティアもそうだ。どんな大義があるにせよ奪うことでしか達成できないならそれは蛮族だ。

 

 

学生からこれ以上大事なもの、大事な場を盗まないで欲しい。それは今まで失策を繰り返してきた文科省の役人が後世のためにできる役割だ。

飛行機キャンセル時の振替について

3日前までインドネシアに行ってました。

9/8にジャカルタから関空シンガポール経由で帰る予定でしたが、関空が台風で沈んだために飛行機が早々にキャンセルになりました。

 

結果的に予定より早い便で帰ってくることができたのですが、僕以外の日本人は帰宅が1〜5日遅れたので完全にラッキーでした。

旅行に行く方も多いと思うので、なんとなくまとめておきます。役に立つかもしれん。

 

 

 

 

やるべきこと

キャンセルになりそうだったらすぐ航空会社のホームページを見る。分からなかったらSNSとかでも検索してみる。

→大事な情報はチケット情報やマイページではなく、航空会社のホームページにいち早く表示されるので、それを見るべき。随時、臨時便やキャンセル情報が更新されるのでしょっちゅう確認したほうがいいです。

更新されたら誰かしらツイートするから、ツイッターでサーチすると新しい情報に気付きやすい。航空会社名で検索すると、どのような扱いを受けるかもある程度知ることができます。「○○航空全然振替してくれねぇ...」「××航空すぐ対処してくれた」etc...

 

 

 

いくつかの窓口に問い合わせてみる

→窓口は出発地、到着地、経由地にあるのでそれぞれ別々に問い合わせてみるべきです。例えば、僕の場合「ジャカルタシンガポール関空」でしたがその全てに窓口があります。しかし、どこも力が同じなわけではなく、航空会社がシンガポール航空だったので一番権力を持ってるのはシンガポールの窓口です。

しかし、事前にシンガポールに行くのは不可能なので他の窓口から問い合わせてもらうか、国際電話をかけるしかありません。

今回の場合、ジャカルタシンガポール、日本のすべての窓口に電話しましたが、繋がったのはジャカルタだけでした。おそらく、シンガポールと日本は回線が混みすぎててダメだったんでしょう。

 

 

いくつかの手段で連絡する

→窓口に電話してもダメなことはまぁ予想できたので、早めにメールを書きました。英文でシンガポールの受付に2回。日本語で日本の窓口に1回送りました。これらのメールは帰宅日の3日前(9/5)に送りました。

→そして一番強いのはやはり空港窓口に行くこと。空港のチェックインカウンターかその周辺にあるカスタマーセンターに行くのが一番強い。僕は友人の振替のためにジャカルタのカスタマーセンターで交渉しました。そこで、どうにか次の日の便を抑えることができました。誰も他に客はいませんでしたが、取るまでに1時間半を要しました。

 

 

 

 

結果

 

電話に対する返答

ジャカルタ窓口 (インドネシア人の友人がかけてくれた)

→「9/8,9/9の便は臨時便も含めていっぱいです。9/10の成田行きなら空いてます。もしかしたらどうにかできるかもしれんが、それはシンガポールに電話してみてください」

シンガポール窓口

→自動音声が何言ってるかわからず窓口に辿り着けない。そもそもたぶん繋がる状況じゃないみたい。

・日本窓口

→お父さんが20回以上かけてくれたらしいが一度も繋がらず。

 

電話の結果は、便は9/9までいっぱいですとのこと。しかし実はこれは正確ではなく、おそらくジャカルタ窓口で取れる便は9/10までないよって意味だったんだと予想します。事実、僕は9/7の便で帰ってこれた。

 

メール

・英語でシンガポールに送ったやつ

→9/6に返信が来て「9/8も9/9も空いてません。ワンちゃんはあるんでシンガポール航空シンガポール窓口に電話してください」とのこと。つまり無理だった。

・日本語で日本窓口に送ったやつ

→9/7(帰宅予定日前日)の朝にメールが来る。「わずかですが、今日9/7の深夜発、名古屋行きの便がわずかに空いてます。返信したら予約します。」とのこと。送られて来てから2時間以上経ってから返信したが、そのあとさらに1時間半後に返信が来て予約を取ってくれました。

 

窓口に直接行く

→上にも書きましたが、長い時間をかけさせられてようやく次の日の便(友人の便)を取ってくれました。おそらく、ホストの空港、ここでいうシンガポールの窓口に行っていたら結果は違ったはずです。シンガポール窓口の方がちゃんと早い便を取ってくれたはず。ただし、おそらく何十人もの客が並んでいたと思われます。

 

 

 

まとめるのが下手なのでごちゃごちゃした文になってます。が、大事なことはあらゆる手段を使うことです。「この飛行機はいっぱいです」とか「この日の飛行機はいっぱいです」と言われても、他の窓口に問い合わせたら実は空いてる可能性もあるし、空港に行ったらまた何か変わるかもしれん。

ということで、大事なことはできることは色々やってみた方がいいということです。今回はメールが最良の結果をもたらしてくれましたが、いつもそうとは限りません。そもそもシンガポール航空は良い航空会社なので、待遇がまだ良かったのかもしれない。

ちなみに、窓口での優先順位は情にも左右されるらしいです。僕はどの家族を危篤にするか迷っていましたが、結果的にそういう場面にはなりませんでした。

 

 

 

Pandaにアップされた複数のファイルを一括ダウンロードする方法 (京都大学)

今回は京都大学の学生のための記事です。

 

本題に入ります。Pandaに授業資料をあげる先生が少なからずいらっしゃいます。日本人の先生方がどの程度Pandaを利用するのか知りませんが、人によってはたくさんの資料をアップされる方もいらっしゃる。

 

 

しかし、ここで問題が。

 

 

複数のファイルを一気にダウンロードする方法がよくわからない。みなさんも試したことがあればわかると思いますが、複数のファイルにチェックを入れても肝心の(よくありがちな)ダウンロードボタンがどこにもない。Fuckin’ crazy

 

 

 

そこで、僕は今回そのやり方を一つ見つけた(正確には一年前に見つけた)のですが、ほかに良いやり方がないのかな?と疑問に思っています。このページを運悪く閲覧した方でご存知の方がいらっしゃればTwitter@yuma2011n)もしくはコメントで教えていただきたいです。

 

とりあえず雑ですがそのやり方をまとめておきます。

必要があれば参考にしてください。

 

 

 

 

Pandaにアップされた複数のファイルを一括ダウンロードする方法~

 

まずPandaに自力でログインしてください。

今回はこの”Introduction to Urban Planning”のファイルを一括ダウンロードします。

f:id:yuma2012:20180705225257p:plain

 

 

 

① まず、自分の「マイワークスペース」の「リソース」に移動します。

ここで注意することは授業のページでは何もしないことです

 

f:id:yuma2012:20180705225504p:plain

 

② 「My Workspace」というフォルダの下に「他のサイトからコンテンツをコピー」というところがあります。これを押します。すると、このように自分が登録していて、かつPandaを利用している授業がすべて表示されています。

複数のファイルをアップしている授業はフォルダのアイコンに「+」マークがついています。この「+」マークを押します。

 

f:id:yuma2012:20180705225635p:plain

 

 

③ するとこのように中にあるファイルが一覧で表示されます。ほしいファイルの左にあるチェック欄に一個一個チェックを入れていきます。(これもまた面倒くさい)

 

f:id:yuma2012:20180705230045p:plain

 

 

④ チェックを入れ終えたら上の方に「コピー」ボタンがあるのそれを押します。二つありますが、↓の画像の字が青くなっているほうの「コピー」ボタンです。

 

f:id:yuma2012:20180705230235p:plain

 

⑤ コピーボタンを押したら、そのまま上の方にスクロールします。すると、「My Workspace」というフォルダの右のほうに二つボタン(「追加」「操作」)があります。このうち、「操作」を押します。

 

f:id:yuma2012:20180705230544p:plain

 

すると一番上に「コピーしたアイテムをペースト」というのが出てきます。これを押してやると7秒ぐらいしてからページが更新されて自分の「My Workspace」の中に選んだファイルが全部コピーされます。

 

f:id:yuma2012:20180705230745p:plain

(ちなみにここで作成者が「先生の名前」から「自分の名前」に変わっています)

 

⑥ コピーができたら再び「操作」ボタンを押します。

f:id:yuma2012:20180705230929p:plain

 

今度は「ZIPアーカイブに圧縮」というボタンを押します。これによって「My Workspace」のファイルが全部一つのZIP(圧縮ファイル)になります。これも完了するまでに数秒かかるので耐えてください。

 

f:id:yuma2012:20180705231133p:plain

 

すると一番上に「~44fb0f7b-1051….zip」という長い名前のZIPファイルができます。このファイルのファイル名をクリックすると、保存するかい?と聞かれるので保存してください。

 

f:id:yuma2012:20180705231801p:plain

 

で、それを展開したら全部のファイルが入っています。

 

 

 

以上です。

 

長いですが慣れればすぐできます。

もっと簡単なやり方がみつかればいいんですが、あったら教えてください。

 

 

おしまい

 

 

 

 

 

マクロスF 4D劇場版が素晴らしかった

 

題名の通り。

 

飽きっぽい僕が数ヶ月ぶりにブログを更新した。これだけでもこの映画の素晴らしさが伝わるだろう。

 

 

本当に素晴らしかった...っ...!!!

 

 

タイトルは...「劇場版マクロスF 虚空歌姫イツワリノウタヒメ~」。実はこれは10年前に上映されたアニメで、今回TOHOシネマズで4Dとして蘇った次第。4Dってなんか動くやつね。

 

マクロスがどんな作品か。簡単に言うと「歌姫が歌う。その歌の力で戦闘機が敵と戦う」そんな感じ。歌良し戦闘良し。なんかもう説明はだるいので、ここみてください。

https://goo.gl/wDFfym 

 

では早速、感想をダラダラと。

 

 

 

 

 

 

 

マクロスF 4D劇場版の感想

 

良いところ

・飛行機(バルキリー)の戦闘シーン。イスがバルキリーの動きに合わせてものっすぉい動く。もう予想の遥か上をいく可動域。ぐわったんぐわったん動く。臨場感がぱない。臨場感がぱない。アニメなのに。

・ミサイルが空気砲で表現されてる。イスの至る所についている空気砲で「プシュッ!」って足とか顔とか攻撃される。凄く良い。

・たまーーに水が飛んでくる。別に不快な量じゃないし終わって出る頃には全く問題ない。水面にミサイル落ちた時はバッシャーンって感じで来た。

・ライブシーンでは照明パシャパシャくる。

 

まとめ

・4Dは思った以上にすごい動くしなんか凄い。イメージで言うとユニバにある3D系のアトラクション。あれを映画にした感じ。なんかユニバみてぇだな〜って思いながら揺られてました。

・詐欺られたと思ってとりま行ってみよう。ここで買えます。

https://hlo.tohotheater.jp/net/movie/TNPI3060J01.do?sakuhin_cd=007226

 

悪いところ

・値段が高い。普通料金+1500円の4D追加料金。合計で2700円。大人は3000円。ちと高すぎる。名作って言ったって10年前のやつやぞ。

・最初のCMで揺らされるのはウザかった。脈略なくガッタンガッタンさせんな。まぁ3分ぐらいの辛抱。

 

 

まぁこんな感じ。

はい、サヨナラノツバサも劇場版やってください!!お願いします。

 

 

 

余談ですが、僕はこれを1人で見に行ってたんですが同時刻「ユーマ君はアニメ映画見に行ってるらしいよ。」「え?アニメ?」「そう、歌の?飛行機の?アニメ」「へー...(しょーもな)」という会話があったとか。

ありがちですが...食わず嫌いせずに一度見てみて!マクロスF劇場版は初心者に優しいし、アニメに入りやすい良作。京都府民は二条でやってるからそんな遠くないし。ね?

https://hlo.tohotheater.jp/net/movie/TNPI3060J01.do?sakuhin_cd=007226

 

 

 

[メモ]権利と義務は表裏一体か

メモ先日、ある件で「君が権利を主張する際には、君は義務を果たさなきゃならない。」と言われたが、これは果たして常に正しいのか。

 

・例えば僕がいま隣の席に座ってるおっさんの足を踏んだとする。この時、僕はおっさんに対して被害を与えてるわけだから、おっさんは僕に対して怒る権利があるし被害を訴える権利がある。一方で僕はおっさんに被害を与えたわけだから、僕はおっさんに謝らなければならないという義務がある。(一般的にね)

こういう意味では権利と義務は表裏一体と言えるが、こういう「表裏一体」が起こりうるのは常に自分と自分以外の対象が存在するときだけでは。

これは別に相手と自分に権利と義務がそれぞれ別れてなくても日常生活においては通じることがある。僕が大学に金を払って(もらって)入学しているので、僕は大学で授業を受ける権利があるし僕は大学の規則にそぐわなきゃならない義務がある。

でも一般的にこれは起こらない。Aの権利と義務が同居しないケースがたくさんある。例えば俺が落ちてる一万円札を拾ったら、これを届ける義務がある。ここには権利は生じているだろうか。もちろんお金の場合に限っては、しばらく持ち主が現れなかったらもらえる権利がある。でも基本的に誰かの持ち物を拾ったらそれを届ける義務はあるけど、それをどうにかする権利はない。

 

まぁ要するに権利と義務は表裏一体かというと、簡単にそれは正しいとは言い難いし、むしろ間違ってるケースの方が多いんじゃないかしらとも思う。

 

新興宗教医学部猛進ファミリー

はてさて、さっき実家に二週間ぶりに帰ってきました。

彼岸だし同窓会などもろもろがあるんで帰ってきたんですが、まあいきなり嫌気がさすような話を聞かされました。

 

再び妹と親・親戚が進路のことでもめていました。簡単にまとめてしまうと「医学部に興味がない(なくなった)妹」vs「意地でも医学部を目指してほしい・入ってほしい家族」。まあよく聞く話ですよね。よく聞く話って言っても限定的な世界の話ですけどね。教育に力入れてる家庭、もっと狭く言うと僕が高校~大学で知り合うような世にいう難関校に子供を入れるような家庭ではよくある話だと思います。

 

思い出せば...僕が高2の頃の塾での3者面談。

京大工学部を目指すってことで先生も親も了承していたはずだった。が、親が面談で口にした言葉は「医学部に入ってほしい」。もう唖然。「Igakubu?え?初耳なんですけど」。先生も苦笑い。結局、僕は断固たる意志で押し切り、京大をうけさせてもらった、なんてこともありました。

 

その矛先が今度は妹に向いちゃった。しかも質の悪いことに「医学部行きたいかも」なんて高校受験の時に言っちゃった。その気になった親、そして祖父母含む親戚はもうあれ。「止まるんじゃねぇぞ...」って感じ。

 

ここまで来れば御察しの通り、ありきたりな喧嘩が起きるわけです。「自由に決めさせてよ」「なんで医学部行きたくないんだ!」「行きたくないものは行きたくない」云々。これが長らく続いてる。

そんな中僕は、親たちの言いたいこともわかるけど、とりあえずもう少し見守るぐらいしてやれよ...などとありきたりに思うわけです。あまりにも妹が不憫なので中に入ってやるも彼らに聞く耳はない。いや、あったのかもしれないけど、少なくとも今は「医学部」という宗教の類に取りつかれている。出てくる言葉は「医学部」「医学部」。間違ってもRの発音が参入して「理学部」になることはない。それはそれははっきりとした「い」。

以下、愚痴しか出てこないので割愛。

 

さて、医学部医学部と申しますけれど、ここでの話は当然、国立医学部限定なわけです。私立医学部に行くような金はないわけですから。言わずもがな、国立医学部はこの少子化時代になお超高倍率を維持している確固たる狭き門。しかも最近はさらに人気が高まっているらしい。東大京大の医学部以外の学部と同じかそれ以上に厳しいらしいですね。それは実に正しいと思います。

そんなところに医者になりたいとも思っていない子が受けて受かるかって話です。まぁまずもって無理でしょ。適当に学歴だけ欲しいなら京大の下の方狙った方が絶対ラクチン。

 

んんんんまあこのように医学部を受けさせないような要素を見つけるのは簡単ですよ。ただどうやって彼らを少し黙らせることができるのか。誰かナイスアイディアを思いついたら教えてください。あ~もうクソ。